弁護士紹介

代表弁護士  阪野 公夫

代表弁護士  阪野 公夫昭和49年に名古屋市で生まれました。

中学校時代に、両親がトラブルを抱え、弁護士に依頼した姿を見て弁護士に強い関心を持つと同時に、弁護士からの説明がわかりにくかったことがあり、疑問も抱きました。

早稲田大学法学部を卒業し、受験生活を経て、司法試験に合格。

平成15年に名古屋市内の法律事務所に入所し、企業案件(労働問題や契約チェックなど)、事故案件(交通事故や企業事故など)、倒産案件や相続・離婚問題など、幅広い業務に携わりました。とくに倒産案件では多くの事件を担当し、スピード重視・分かりやすい説明を心がけました。

平成20年に阪野公夫法律事務所を開設。
事業再生案件に専門的に取り組み、また企業案件や事故案件、相続や離婚案件を中心に手がけてきました。

平成26年に弁護士1名を採用し、さらに業務を拡充しております。

趣味は中学・高校時代から続けている野球です。週末は若い弁護士の先生方にまじってプレーしています(プロ野球は中日ファンです)。

 

<事業再生業務の実績>

当事務所は開業(平成20年)以来、倒産案件・再生案件は1年平均10件前後(管財業務や個人事業主の債務整理も含みます)に関与しており、今までに100件を超える倒産案件・再生案件に関与してきました。

近年の主な案件

・平成30年(2018)年1年間における実績

企業・法人の私的整理案件 1件(中小企業再生支援協議会のスキーム)

                ※第二会社方式による事業譲渡・特別清算
企業・法人の破産申立  5件
個人の破産申立     3件
個人の再生申立     1件(会社の代表取締役の民事再生申立)

・平成31年・令和元年(2019)年1年間における実績

企業・法人の私的整理案件 1件(中小企業再生支援協議会のスキーム)

                ※第二会社方式による事業譲渡・特別清算

企業・法人の破産申立   4件
個人の破産申立      2件

企業・法人の破産管財業務 1件

個人の再生申立      1件(会社の代表取締役の民事再生申立)

 

<事業再生に関する講演>

平成25年3月19日 「金融円滑化法終了を踏まえた事業再生の最新実務」
(複数の弁護士・金融機関との共同報告)

 

事業再生

 

<認  定>

平成25年4月    経済産業省より経営革新等支援機関に認定

 

<役  職>

平成27年 9月    名古屋市の都市公園等に係る業務委託事業者評価委員会 委員

平成30年10月    同 委員

令和 2年 4月    愛知県 個人情報保護審議会 委員

 

 

所属弁護士    山口   大悟

弁護士    山口   大悟<経  歴>
昭和62年 静岡県生まれ
平成22年 名古屋大学法学部 卒業
平成24年 名古屋大学法科大学院(ロースクール) 卒業
平成24年 新66期司法修習
平成26年 愛知県弁護士会に登録 阪野公夫法律事務所に入所

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー