事業再生のスケジュール

■ 事業再生のおおまかなスケジュール

事業再生は、通常、以下のスケジュールで進みます。

 

ご相談のご予約

2日~7日程度:相談が混み合っておりますので、お早めにお電話下さい。

事業再生のおおまかなスケジュール

ご相談の実施

1週間~2週間:ご相談内容を踏まえて、再生方法を決定します。

再生方法の決定は重要ですので、2回目の相談を行う場合もあります。

事業再生のおおまかなスケジュール

再生方法の決定

再生方法が決定しましたら、準備ができ次第、すみやかに再生方法に着手します。

事業再生のおおまかなスケジュール

再生方法の実行

再生方法の内容によりますので、相談時にお問い合わせ下さい。

事業再生のおおまかなスケジュール

再生の完了

 

ご相談のご予約

事業再生のご相談事業再生のご相談は、初回相談30分無料にて行っております。

相談のご予約は、お電話またはメールにて受け付けております。

なお、相談実施日は、平日午前9時から午後6時までですが(相談実施日には限りがございます)、ご都合に応じて、休日や夜間の相談にも応じますので、ご相談下さい。

 

ご相談の実施

■相談日においては、以下の資料をご持参いただきますと、相談がスムーズに進みます。

ご相談の実施・会社案内・パンフレット等、事業内容が分かるもの
なお、会社のホームページをプリントアウトしたものでも結構です

・会社の現在事項証明書(会社の謄本)
・決算書(過去3年分)
・試算表

 

■相談日においては、主に以下の点をうかがいます。

  1. 企業の概要
    所在地・資本金・役員構成・株主構成・従業員数・事業の内容など
  2. 経営数値
    経常利益がでているかどうか など
  3. 資金繰りの状況
    手形不渡りの危険性、債権者の法的措置の可能性の有無など
  4. 借入金の状況
    メインの金融機関の動向、その他の借入の状況
  5. 事業の現状と将来性
    得意先・仕入先の詳細、企業の強みや弱み、業界の将来性、事業展開
  6. 株主や他の役員の意向・従業員の状況
     
  7. 経営者の事業に対する基本的な考え方
     

 

■その上で、事業再生の方法について、説明致します。

事業再生の方法

 

再生方法の決定

■相談日または相談を受けて調査の上で、最適な事業再生の方法についてご説明致します

その際に、以下の点をご説明致します。
・再生の方法におけるメリット・デメリット
・再生の実行から完了までの期間

再生方法の決定

■どのような再生方法により、事業再生を行うかを決定します。

再生方法の決定

■事業再生の方法が決定した場合、弁護士に委任される場合の費用のお見積をお出しして、費用についても検討していただきます。

弁護士費用へ

再生方法の決定

■弁護士費用をご検討の上で委任される場合、委任契約書を取り交わします。

再生方法の決定

■当事務所が委任を受けた場合、事業再生に向けて、直ちに業務に着手します。

 

再生方法の実行

■私的整理

→金融機関との協議の実施
→特定調停の申立

 

■民事再生

→民事再生の申立

 

■M&A

→事業の買い取り先との交渉

 

■破産・清算

→優良な事業部門の事業譲渡
→会社本体の破産・清算 など 

 

再生完了

■私的整理

金融機関との協議(債権カット)
成立 特定調停(債権カット)の成立

 

■民事再生

再生計画の認可決定→民事再生の終結

 

■M&A

M&Aの成立→事業の譲渡完了

 

■破産・清算

優良な事業部門の事業譲渡の完了
会社本体の破産・清算の終結 など

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー